医師たち

病気に悩んでいるならクリニックで克服しよう|うつ病も治せます

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつの治療

座るレディ

うつ病と言えども、その他の身体疾患と同様、早期に発見し、通院した方が克服が早くなります。実際、うつ病になってから、通院までに時間がかかってしまうと、重症化し、自殺に至る可能性もありますが、早期であれば、早めに日常生活に戻ることもできます。そのため、うつ病に早く気が付く必要がありますが、それにはうつ病の特徴について知る必要があります。うつ病と言うと、抑うつ気分が病的な水準にあるということは誰もが想像することだと思いますが、実際にはそれ以外に、長く続く不眠や意欲の低下、性欲の減退等も起こります。それゆえ、不眠が続いていることに気が付いたら、うつ病の可能性もあるため、すぐに通院を促すようにすると良いでしょう。それ以外にも、身体的な原因が何もないのに、やつれたようになっている場合も、通院を促すと克服が早くなると言えます。うつ病は生涯でかかる確率が3〜4割程もある、誰もがかかる可能性のある精神疾患です。そのため、他人事であるとは考えず、早めの通院を意識するようにしましょう。

うつ病は脳内の情報伝達物質であるセロトニンが不足することで発症するとされています。そのため、気合や根性で克服できるものではなく、専門医にかかる必要があります。専門医による治療は主に抗うつ薬が用いられますが、これこそが脳内のセロトニンを増やす作用があります。ほとんどの場合、この抗うつ薬の服用によってある程度回復しますが、場合によっては抗うつ薬の服用を長期に渡って続けなくてはならない場合があります。しかし、いずれにしても、活動性が取り戻せてきたら治療の幅も広がり、医療機関によっては社会復帰に向けてのリワークプログラムへの参加を勧められることもあります。このリワークプログラムの中で、病気についての知識を深める心理教育が行われる他、うつ病発症のきっかけとなった対人コミュニケーションを向上させるトレーニングが行われたりします。個人によっては臨床心理士による心理療法が実施される場合もあるでしょう。とは言え、第一に薬の効果による回復が認められてから、これらの治療法が開始されることも多いため、焦らずにゆっくりと克服していく姿勢も必要です。