医師たち

病気に悩んでいるならクリニックで克服しよう|うつ病も治せます

このエントリーをはてなブックマークに追加

診断を早めに受ける

イラストと人

うつの線引き

うつ病は高血圧や糖尿病等の慢性疾患と異なり、不調が数値として現れて来ないため、その判別が大変難しい疾患であると言えます。そのため、本人の気の持ちようだと周囲の人間が考えてしまいがちで、病院受診に至らず、発見も遅れることがしばしばあります。また、うつ病を早期発見、早期治療できずに重篤化させてしまうと、最悪の場合、自殺に至ってしまう可能性もあります。そこで、どこからが単なる気分の落ち込みで、どこからが通院が必要であるのかを確認する必要があります。まず、うつ病は気分の落ち込みが特徴とされていますが、単なる落ち込みと異なるのはその深刻さと、不眠等の症状の有無や、それらが2週間以上に渡って継続しているかが主な基準となります。もし、自分自身や周囲の人が該当しているのなら、精神科病院や心療内科に通院して克服していくことをおすすめします。しかしながら、うつ病は気分の落ち込みだけでなく、イライラ感が出てくる場合もあります。そうした場合も不眠が生じることも多いため、たとえ、気分の落ち込みがなかったとしても、不眠が2週間以上続くようなら受診した方が良いと言えるでしょう。

うつの治療

うつ病が疑われ、病院でその診断を受けたなら、通院する必要があります。その主な克服方法は薬物療法が中心で、抗うつ薬の服薬継続が基本となります。しかし、たとえ、服薬していても思うように良くならないような場合や、再発の恐れがある場合は、通院と併せて精神科のデイケアの通所を勧められることがあります。精神科デイケアとは、同様の悩みを持った仲間との交流の場である他、様々なレクリエーションを通してストレスを発散して克服していくという目的を持った場でもあります。また、精神科デイケアでは様々なプログラムが実施されており、その中では社会復帰に向けたプログラム等も行われています。例えば、人とのコミュニケーションが苦手であるのなら、それを改善するソーシャルスキルストレーニングといったプログラムもある他、病気についての正しい知識を獲得し、再発を防ぐ心理教育といったプログラムもあります。そのため、もし、抗うつ薬の服薬だけでの回復に自信が持てない場合は、こうした精神科デイケアに通所し、利用してみることも克服への一歩であります。